EMP攻撃からデータを守るためにはどうしたら良いか?

EMP攻撃からデータを守るためにはどうしたら良いか?

先日、北朝鮮から発射されたミサイルが日本の上空を直接飛行し、多くの国民に警報が出されました。これらの活動から、防衛相はEMP(ElectroMagnetic Pulse: 電磁波パルス)攻撃の影響を考慮するよう促しました。それが一部の国内企業の注意を引き、いくつかの企業がデータへのリスクの可能性について私たちにコンタクトしてきました。

EMPは、荷電粒子の急激かつ急速な加速によって引き起こされる電磁気エネルギーの強いバーストです。

Japan Timesによると、核兵器が日本の上空30キロから400キロで爆発した場合、コンピュータ、電力網、通信システムなど、あらゆる種類のエレクトロニクス機器を混乱に陥れる可能性があるということです。さらに、高度30kmで爆発した場合の影響範囲は600kmに及び、本州の大半に及ぶと言うことです。

そうなると、飛行機は空から落ちるかもしれず、列車が止まるかもしれません。さらに、東京全体が停電するかもしれません。そのような場合に、どうすればデータを守ることができるでしょうか?

少ない量のデータに対しては、DVD / Blu-Rayなどの光学記録媒体が良いでしょう。ハードディスクは磁気記録媒体ですが、DVD / Blu-Rayは光学式であり、電磁気的損傷を受けても耐えられます。

データ量が多い場合、データを被害想定地域の外に保存しておけば、データの保護が保証されます(東京←→沖縄など)。このような場合、被害地域内からデータにアクセスすることはできませんが、沖縄に保存されたオフサイトデータは安全です。

最後に、確実な安全を目指すのであれば、昔に戻って重要なデータや記録を紙に印刷して保管しておけば、確実にEMPのリスクを避けることができるでしょう。