情熱もチームワーク力も必要ない――米国人起業家が「一緒に働きたいエンジニア」とは

グローバルを股に掛けたキャリアを築いてきたIT業界の先輩にお話を伺うシリーズ。今回は日本で起業したBLUESHIFTのBrent Reichow氏に、起業時の苦労譚や同社がエンジニアを採用するときに注目するポイントなどを伺った。※オリジナル動画付き

 アップルやディズニーなどの外資系企業でマーケティングを担当し、グローバルでのビジネス展開に深い知見を持つ阿部川“Go”久広が、グローバルを股に 掛けたキャリアを築いてきたIT業界の先輩にお話を伺うインタビューシリーズ。第6回は、クラウドバックアップサービスプロバイダ「BLUESHIFT(ブルーシフト)」のBrent Reichow(ブレント・ライコー)氏にお話を伺った。

 「自分ほど起業家という言葉にふさわしくない経営者はいない」と話すライコー氏は、なぜ日本で「株式会社」を起業したのだろうか? 起業家らしくないからこそ、技術力を武器に堅実に会社を営んできた彼の経験やそこから得た知見は、将来起業を目指すエンジニアの参考になるだろう。

♦ デル/EMC買収で、データプロテクションは新たな側面に

[interview_id][/interview_id][interview_q]阿部川“Go”久広(以降、阿部川) ブルーシフトとはどのような会社ですか?[/interview_q][interview_a]Brent Reichow(ブレント・ライコー:以降、ライコー氏) ブルーシフトは、2004年に設立した日本企業です。最初はデータセキュリティに特化していましたが、2007年にデータのバックアップとリカバリを扱うようになり、現在はクラウドのバックアップも提供しています。顧客情報をデータとしてインスクリプト化し、それをクラウド上で管理し、例えば災害からのデータの保守や復旧、事業継続のためのデータの管理などを行っています。顧客が万が一データを失っても、東京、大阪、沖縄、シンガポール、香港にある当社のデータセンターに保管しているバックアップを使ってリカバリできるのです。[/interview_a]

[interview_id][/interview_id][interview_q]阿部川 競業企業はどういったところですか?[/interview_q][interview_a]ライコー氏 ローエンドやモバイルデバイス向けですと、アップル製品のWebサイトデベロッパー「ねこじゃらし」という企業があります。スパムやウイルス対策用のソフトウェア大手の「バラクーダネットワークス」も、現在はデータバックアップ用のアプライアンスも持っていますので、当社の競合です。  ハイエンドの分野では、「EMC」と競合することが多いですね。彼らはデータドメインという製品を持っており、30~100TB規模の案件になると必ずといってよいほど競合します。[/interview_a]

[interview_id][/interview_id][interview_q]阿部川 EMCはまた違った局面に入りましたね。[/interview_q][interview_a]ライコー氏 びっくりしましたね! 思わずツイートしてしまいました。670億ドルですよ! 信じられませんね。でもこれで市場が大きく変わると思います。特にチャネルパートナーの状況は激変すると思います。というのも、デルにはデルのパートナーがいますし、EMCにはEMCのパートナーがいます。それはもしかしたらHPのパートナーになるかもしれませんし、日本のパートナー企業にとっては大きなチャンスにもなると思います。[/interview_a]

[interview_id][/interview_id][interview_q]阿部川 今回のデルによる買収は、データプロテクションがどれほど重要な分野であるかの証明だと思います。[/interview_q][interview_a]ライコー氏 デルは今までこの分野で多くの企業買収を行ってきましたが、これで恐らく大きな成功が見込めると思います。[/interview_a]

♦ 情熱もチームワーク力も重視しない。エンジニアに必要なのは「技術力」

[interview_id][/interview_id][interview_q]阿部川 ブルーシフトの社員は10人とのことですが、皆さんエンジニアリングのバックグラウンドをお持ちなのですか? そして皆さん日本の方ですか?[/interview_q][interview_a]ライコー氏 半々、かつ半々です。つまり、半分が日本人で半分が米国人、エンジニアと非エンジニアも、半分半分です。別にプランしてそうしたわけではないのですが。[/interview_a]

 

[interview_id][/interview_id][interview_q]阿部川 エンジニアを雇うときは、どのような点を評価しますか?[/interview_q][interview_a]ライコー氏 ものすごく具体的に言うと(笑)、Linuxが分かるエンジニアでないと駄目ですね。わが社はLinuxのプラットフォーム上で開発をしていますから、ある意味当然です。それとハードウェアやLinux OS、その他のソフトウェアの開発が分かっていること。さらに、Pythonが分かること。バーチャルマシンやコンテナ化といった新しいテクノロジーや業界に精通していること。これらを兼ね備えたエンジニアが必要です。[/interview_a]

[interview_id][/interview_id][interview_q]阿部川 エンジニア採用の決め手は何でしょうか? 「技術力」なのか、「チームワーク力」なのか、「マネジメント力」なのか、「情熱」なのか、「グローバルへの対応力」なのか。[/interview_q][interview_a]ライコー氏 営業マンでしたら「情熱」を持ってがんがんお客さんのところに行く人かもしれませんが(笑)、エンジニアであれば、特定の技術に関する知識や経験といった「技術力」です。必ずしも情熱的である必要はないと思いますし、チームワーク力も必ずしも大切だとは思いません。  それよりも、どれほど特定の技術に精通していて、それに的確に対応できる知識や技量といった「道具類」を自身の中に持っているか、そしてそれを使って私たちと一緒に仕事を進められるか、だと思います。  そして、エンジニアは技術が好きでないとダメだと思います。私たちが求めるエンジニアは、本当に技術が好きで、24時間ずっとコンピュータの前にいて、ゲームをしたり、世界中のビデオをダウンロードできるソフトウェアを開発したり、そんなことを好きでずっとやれるような人です。それこそが私たちの仕事だからです。  私たちはコンピュータを用いることをなりわいにしていますから、それが好きであれば、うまく一緒にやっていけると思うのです。[/interview_a]

♦ 「起業にふさわしくない起業家」が起業した理由

[interview_id][/interview_id][interview_q]阿部川 ライコーさんは日本に住んで23年になるのですね[/interview_q][interview_a]ライコー氏 そうなんですよ、びっくりですね(笑)。[/interview_a]

[interview_id][/interview_id][interview_q]阿部川 日本にいらしたきっかけは何だったのですか?[/interview_q][interview_a]ライコー氏 大学を卒業後、最初は米国でITエンジニアの職に就きました。それは素晴らしい経験だったのですが、「これ以上のことが世界中にはあるのではないか」と思うようになりました。そこでアジアの各国を見て回ろうと考え、そのスタートとして日本に来たのです。そこから次の国へと行くはずだったのですが、ふっと気付いたら23年間も住み着いていた、というのが正直なところです。  日本では、システムインテグレータでのハードウェアやソフトウェアの販売を経て、NTTなどの大手企業で働き、PSI(国際調達情報)やISS(インターネット・セキュリティ・システムズ)などの、よりネットワークやセキュリティ寄りの分野へシフトしていきました。  そのころブルーシフトの共同設立者となる同僚に出会い、「自分たちの方がもっとうまくやれるのではないか」と意気投合し、なけなしの資金――確か百万円程度だった思いますが――を二人で捻出して、会社を設立しました。[/interview_a]

[interview_id][/interview_id][interview_q]阿部川 いわゆる大企業から独立して起業することに踏み切ったのはなぜでしょうか? 11年前の起業当時は、データの保守やセキュリティは始まったばかりの市場で、大きなリスクもあったのではないですか?[/interview_q][interview_a]ライコー氏 実は私ほど、起業家という言葉にふさわしくない経営者もいないと思います。父は教師でしたし、母は30年間同じ企業で勤め上げた人でした。家族には起業に関係する人は皆無でしたし、私自身、自分が起業するとは思ってもいませんでした。  ところが、何社かでキャリアを積んで、マネジメントをつかさどる立場になると、会社全体の運営を学ぶようになります。かつて働いていた企業は、私がどんなに新しいことや、価値があると思うことを提案しても、受け入れてはくれませんでした。その会社は株式上場を果たしていたので、シニアマネジメント層の人たちは、これ以上冒険する必要がなかったからです。自分がいくらベストだと思い、情熱を持って提案しても、上層部がその価値を認めなければ、会社は動きません。それならば「自分でやろう」と思いました。  起業の理由は人さまざまです。例えば「自分でやる方が楽しいから」とか、市場の成熟度合いを見て「今がチャンスだから」とか、「素晴らしい新製品や新サービスを思いついたから」など。私たちは、私たちが自信を持って提案したアイデアを、私たちが成功させてやろうと思ったのが理由です。[/interview_a]

起業とは「マトリックス」のようなもの

[interview_id][/interview_id][interview_q]阿部川 起業当初、何に一番苦労しましたか?[/interview_q][interview_a]ライコー氏 「何を売るか、どうやって売り上げを上げるか」でしょうか。私たちはどうやればいいか十分知っていたつもりでしたが、実のところは何も知りませんでした。最初の幾つかの交渉はうまくいきませんでしたし、キャッシュはだんだん枯渇していきました。  顧客がいなければ、心配の種は尽きません。映画「マトリックス」を覚えていますか? 主人公は物語の序章で「赤と青のカプセル、どちらを飲むか」選択を迫られます。どちらを選べば、どのようなことが起こるのかは分かりません。起業とは、あのシーンのようなものです。  間違った方のカプセルを飲めば、それはそれは恐ろしいことになります。誰も自分に給料を払ってくれないし、請求書がきても支払えない――会社を起こして最初の数カ月はずっとそうなるのではないかという恐怖と戦う日々でした。そのうちに最初の顧客が決まり、銀行に最初の入金があり、本当にホッとしました。それまでは、不安で真夜中に何度も目が覚めましたよ。[/interview_a]

[interview_id][/interview_id][interview_q]阿部川 起業時に現在の事業形態を想像して、それに向かって会社を運営してきたのですか? それとも、少しずつ事業そのものが形作られてきたのですか?[/interview_q][interview_a]ライコー氏 全く予想していませんでした。11年前はバックアップの事業などは考えもしませんでした。当時はクラウドさえ存在しなかったのです。以前からデータそのものがコンピューティングにとってとても大切な役割を果たすことは理解していましたが、当社のソフトウェア開発がどこに向くのかということは、正直言って分かりませんでした。  仕事でどのような素晴らしい機会が訪れてくるかは、事前に予想はできないものです。私たちは最初はセキュリティの分野にフォーカスを絞っていました。  そうするうちに、顧客から「ストレージの分野はやらないのか?」と聞かれることが多くなりました。私たちは詳しいことは何も分からなかったので、伝手(つて)を頼って多くの専門家に話を聞き、米国やヨーロッパなどの先進企業を調べました。それから数年したら「バックアップは提供してくれないのか?」と言われ、専門家に話を聞き、調査をして、の繰り返しです。[/interview_a]

[interview_id][/interview_id][interview_q]阿部川 そして現在はデータバックアップの延長線上として、ディザスタリカバリの分野へも事業を広げているのですね。[/interview_q][interview_a]ライコー氏 そうです。ディザスタリカバリは現在主要な事業の一つですし、データマネジメントも大きな一つの事業分野です。新しい事業分野がどんどん生まれています。それはとてもエキサイティングなことです。[/interview_a]

起業を後悔していない

[interview_id][/interview_id][interview_q]阿部川 今までのキャリア、特にすでに成功している大企業を退社して、自身で起業したことに対して後悔を感じることはありますか?[/interview_q][interview_a]ライコー氏 正直に言うと、今でもよく自問しますよ。あのまま大企業にいた方が、より大きな成功を手に入れられたのではないかと。ある程度の役職に就いて、悪くはない給与をもらって、家族もそこそこ幸せかもしれません。でもそこには、自分の血や肉となるような本当の意味の体験はなかったと思います。  会社を興し、人を雇い、製品を開発し、ビジネスパートナーを探し、他の起業家と語り合い、投資家と語り、銀行と交渉し、米国に行き、ヨーロッパに行き、多くの人と出会う。これら全てを自分で体験できたのです。こんなことは、元の大企業にいたのでは決して経験できなかったと思います。  私は人よりも楽しんで生きてきたとは思いますが、楽観的だったわけではありません。仕事で成果を出すことだけを考え、信じてやってきました。でもこれほど多くのことが体験できたのは、やはり楽しかったからだろうと思います。[/interview_a]

Go's thinking aloud インタビューを終えて

 社名の「ブルーシフト」は、天文学用語の「青方偏移」。光や波長に関するドップラー効果のことで、こちらに向かって近づいてくる波長は明るく見え ることの意なのだとか。なぜこの社名にしたのか訊ねたところ、「テクノロジーが急激に変化して、どんなに早いスピードでユーザーに近づいてきても、それを 捕まえられるような会社になる」ことをイメージしたと、照れながら教えてくれた。

 ライコー氏はよく笑う男だ。インタビュー中もよく笑った。オフィスを岩本町にした理由を尋ねると「秋葉原に近いから! ハードウェアのパーツやソフトウェアが必要になったらすぐに買いにいけるからね。会社のガレージにはスクーターを2台置いているんだよ」と答えて笑い、周 囲に飲食店が多いことも理由に挙げ、「会議を夕方に設定したら、打ち合わせ後に続きを立ち飲み屋で話せるだろう?」と言っては、また楽しそうに笑う。

 その明るい彼が、起業当初はキャッシュフローが心配で、真夜中に何度も飛び起きたという。その孤独を、ソフトウェア開発という軸足のドメインは変 えることなく、適用させるサービスや市場を的確にトランスフォームして乗り越える原動力に変えた。「今まで得てきた数々の体験や出会いこそが自分の財産」 と言い切る彼の姿を見て、本当の起業家精神に触れた思いがした。

 インタビューが終わってから「成功していますね!」と言うと、「何とかうまくいっているだけです」と照れてから、「おっとゴメン」と携帯の着信に目をやり、「娘からです」と言ってまた笑い、子煩悩な一面も見せた。

阿部川久広(Hisahiro Go Abekawa)
アイティメディア グローバルビジネス担当シニアヴァイスプレジデント兼エグゼクティブプロデューサー、キャスター・リポーター
コンサルタントを経て、アップル、ディズニーなどでマーケティングの要職を歴任。大学在学時より通訳、翻訳なども行い、CNNニュースキャスターを2年間務めた。現在は英語トレーナー、コミュニケーションに関する執筆、講座、講演も行っている。

Go AbekawaのGo Global! 連載一覧