計画停電の前にデータリカバリをテスト

計画停電の前にデータリカバリをテスト

計画停電の前に、データバックアップとリカバリの検証を終えておく必要があります。これは、組織のソフトウェア、システム及びデータリカバリ方法の有効性を検証する上で非常に重要です。

バックアップとリカバリのテストは、災害復旧 (DR) 計画の最も基本的な部分です。ソフトウェアもしくはプロセスの中の未知の問題は重大なデータの消失をもたらす可能性があり、これらを発見するためにテストを行うことは、珍しいことではありません。通常の運用であれ、予期しない事態であれ、バックアップソフトとシステムを徹底的に検証しておかない限り、バックアップとリカバリが問題なく動作すると考えるのは、根拠の無い思い込みに過ぎません。不十分なテストは、データ消失、システムダウン、冗長性についての脆弱性を残す結果となります。

ほとんどの大企業は、災害復旧 (DR) 計画のテストを毎年行っており、これはベストプラクティスとして推奨できます。リストア対象のマシン上のハードウェアのアップデートやバックアップシステムのハードウェア、ファームウェアもしくはソフトウェアのアップデートによる影響を考えると、変更があったときに再テストすることが重要です。

しかし、ほとんどの大組織で毎年行われている、数百本ものテープを使ったデータリカバリテストは、不可能では無いにしても、非常に手間のかかる作業であることは間違いありません。この問題に対処するために、ディスクベースのバックアップ技術を、信頼性の高いクラウドサービスとして利用することもひとつの方法です。定期的なリカバリーテストを必要としたり、ランサムウェアなどの脅威から保護したりする必要のあるビジネス上重要なサーバーなどは、データストアを始める場合の良い例となるでしょう。