日本におけるプライベート及びパブリッククラウドバックアップサービスの大手プロバイダー

日本におけるプライベート及びパブリッククラウドバックアップサービスの大手プロバイダー

ITとデータセンターはブルーシフト・データ・プロテクションの業務における根幹を担っています。ブルーシフトは東京に拠点を置くインフラストラクチャサービスプロバイダーとして、グローバルな顧客たちが可能な限り高い稼働時間
と最小限の遅延条件でストレージサービスにアクセスできるよう、回復力のあるデータセンターへのアクセスを必要としています。いかなる障害や遅延も、収益の喪失と顧客の不満を意味するのです。

ブルーシフトはColt DCSのおかげでこのような問題を心配せずに済んでいます。Colt DCSはパートナーであり顧客でもあるブルーシフトがお客様に提供する稼働時間、接続性、遅延の度合い及び回復力の面で十二分にそのニーズを満たしてきたのです。
また、Colt DCSが提供するサービスで競合他社との差別化も図れています。例えばColt DCSはブルーシフトのお客様を日本語と英語でサポートしています。様々な国々に本拠地をかまえるため、英語圏の人員も多く在籍し日本語
で事業を展開する多国籍企業のお客様の役立っているのです。

またリモートハンズサポートといったデータセンターが提供する付加価値サービスを切望するブルーシフトのお客様に、日本のColt DCS施設に拠点を置くスペシャリストへのアクセスを提供しています。例えば、ブルーシフトは
Colt DCSの社員によって、故障してしまったハードディスクを交換する事が可能です。Colt DCSは卓越したサービスを提供することで、ブルーシフトにとって貴重なサプライヤー及びパートナーとなっています。

ソリューション
日本におけるColt DCSデータセンターの中核的機能、特に接続性は何年にも渡りブルーシフトのニーズを十分に満たし、そして上回ってきたとライコー氏は言います。「Colt DCSにとって接続性は競争上の主要な優位性です」とライコー氏は言います。「日本の他の通信事業者たちは同レベルのサービスを提供していません。もし日本の他の通信事業者たちと仕事をしようとしたら混乱が起きるでしょう」。

Colt DCSデータセンターの立地と提供するスペースはソリューションプロバイダーにとってColt DCSを理想的なパートナーにしています。

Colt DCSはライコー氏が「高い安全性を備えた高品質のデータセンター」と表現するサービスを維持しているため、顧客らのニーズに応えることができるのです。

これは、東京に拠点を置く高度なテクノロジー及び金融サービス業界の企業を含むブルーシフトのお客様たちにとっても非常に重要な情報だといえます。

Colt DCSはブルーシフトのお客様たちが持つ多様なスペース及び接続におけるニーズに対応してきました。

「Colt DCSのデータセンターは、例えばスイッチを押したら必ず家の中の明かりがつく、冷蔵庫を開けたら中に食べ物と飲み物が入っている、といったことと同じようなことを提供してくれています。我々はそのようなサービスを必要としているのです。」 とライコー氏は言います。

リモートハンズサポート、Colt DCSの顧客ポータルとバイリンガルカスタマーサポートなどの付加価値サービスも役立っているとライコー氏は話します。

Colt DCSを勧める理由
Colt DCSとビジネスをする上での簡単さ、データセンターの品質と回復力、また提供する接続性という3つの理由からブルーシフトは貴重なサプライヤー及びパートナーとしてColtを選ばれています。

ライコー氏にとって、既存施設の継続的な改善も重要な要素です。なぜならブルーシフトのお客様たちはColt DCSが必要を満たすことでデータが適切に保護され迅速に提供されるという確信を得ることができるからです。

「お客様は高い安全性を誇る強固なデータセンターを使っているということを実感していたいのです。」 とライコー氏は語ります。

日本において5Gネットワークや自動化などデータ成長をより推進する多くの事業者とColt DCS及びブルーシフトとの建設的な仕事上の関係性は、Colt DCSが提供する質の高いデータセン
ターと付加価値サービスがあることから安心しているとライコー氏は話します。

「これまでの関係にも満足していますし、将来的にさらに協力していけることを楽しみにしています」 と付け加えました。