Office 365 がダウンしたとき、何が起きたのか?

Office 365 がダウンしたとき、何が起きたのか?

それは、避けられないことでした: Microsoft Office 365が先月、ヨーロッパとイギリスでダウンしたことを多くのメディアが報じました。このサービスはオンラインで提供されているため、Microsoftほどのプロバイダーが運用しているにもかかわらず、サービスを利用できなくなる事態が起こり得ることは指摘されていました。この予想は的を射たものでしたが、実際に起こってみると、WordやExcel、特にメールが使えなくなるということは、企業にとって非常に大きな問題であることがわかったのです。これらのサービスを利用しているユーザーのビジネスが止ってしまったのです。

Microsoftによると、サービスは短時間で復旧したということで、これは影響を受けたユーザーにとっては良いニュースです。原因はOffice 365を動作させているAzureプラットフォームの問題ということで、今では完全に元に戻りました。ネット上では、Office 365という「常時利用可能」なことを示唆するサービス名に対して、揶揄するような意見が書き込まれています。
そのとき、データはどうなるのでしょう?

このような失態は、Microsoftにとっては大きな問題では無いかも知れませんが、今回の事件は、オンラインサービス上に保存した自社のデータをどのように守るべきかを考えさせる契機となりました。サーバーが復旧できなくなるような最悪のケースになった場合、御社のデータはどうなりますか? そのとき、Word文書、Excelデータ及び電子メールデータは、あなたの手の届かないところ、Microsoftのような企業の手中にあるのです。

BlueshiftOffice 365データ保護ソリューション

Blueshiftは、Microsoft Office 365、Google Apps及びSalesforce.comのようなクラウドサービスのデータを守るためのソリューションを提供しています。サービスがダウンしても、慌てる必要はありません。最低限、データはバックアップされ、暗号化された状態で安全に保管されています。そのため、データがどこにあろうとも、重要なデータを守り抜くことができるのです。