エージェントをインストールすることは時代遅れ?!

エージェントレスバックアップとは、これまでのバックアップツールとは違いそれぞれのサーバやPCにアプリケーションをインストールせずにバックアップやリカバリを行うシステムです。 構築にかかわる時間の短縮やサーバへの負荷を抑えて使用できます。

エージェントレスは低負荷

サーバにもいろいろな種類があるように、バックアップにも多様な手法があります。 ほとんどのバックアップソフトはサーバにアプリケーションをインストールして、サーバのCPUやメモリを使い実行します。 仮想環境やPCといった複雑な環境でもエージェントレスでバックアップが可能なので、一元管理もしやすくなります。

No Reboot Box New

リブートなし

サーバや仮想ホストのリブートはしません

インストール型のバックアップアプリケーションは一度インストールすると、サーバOSに変更を書き込むために、再起動が要求されます。 ビジネスクリティカルなサーバはそうそう再起動はできません。 特にWindowsサーバやデスクトップOSはリブートが必須になります。 エージェントレスでバックアップを行う場合は、すぐにバックアップやリカバリを開始できます。 それぞれのベンダーが公開しているAPI、Windows VSSやVMware VADPなど、を使いバックアップをしますので、ネットワークから見えるものであれば、バックアップができるという事です。 OSや仮想ホストが通常稼働している機能を駆使しバックアップをしていきます。

MS SQLのエージェントレスバックアップ例

一番必要な時にデータベースを復旧

技術詳細

Security Box New

データセキュリティも同時に

マイナンバーやコンプライアンスを考えると、クラウドにデータを置くのはちょっと。。。 でも、いま実施しているテープやD2Dのバックアップでデータは暗号化されていますか? ほとんどのIT部署は暗号を敬遠がちです。 一番の理由はバックアップしているサーバに負荷がかかりすぎるからです。 データプロテクションはデータを送信する時に暗号化し、暗号化された通信経路を使い、暗号されたままの状態で保管をします。 

エージェントソフトウェアをインストールしてバックアップを行う場合にも問題があります。 通常サーバやPCで稼働されているソフトウェアは管理者権限で稼働しています。 また、管理用端末からのアクセスも許可しているので、リスニングポートがあいています。 この状態でサイバー攻撃を受け、データの漏えいがあると、その漏えいから管理者権限のユーザとパスワードを抽出することも可能です。 エージェントレスであれば、リスニングポートも管理者権限ユーザの常駐は必要ありません。

Low CPU BOX New

低負荷

通常のバックアップソフトウェアはバックアップをするサーバやPCのCPUやメモリを使って暗号や圧縮を行いながらバックアップします。 アンチウィルスと同じで、バックアップを行っている時は重くなるので、暗号や圧縮を使わずバックアップを行っているというユーザもとても多いのが現状です。 エージェントレスでバックアップすることで、暗号や圧縮といった作業はユーザのPCやサーバを使わないので、スムーズにバックアップをします。 負荷をかけずにバックアップをすることで、バックアップの処理をキャンセルすることなくデータの保護ができます。

バックアップがインフラに与える影響を軽減

ITインフラの管理は分刻みで変わっていく。新しく導入するアプリ。既存ソフトウェアのアップデート。リソースの競合による機能停止。データ、拠点、アプリケーションは毎日のように増えていく。この複雑な環境で一度問題が起きると、原因の調査が複雑になり、復旧までの時間がだんだん伸びていく。エージェントレスバックアップを行う事で、システムにかかる負荷を軽減し、問題が起きたとき、バックアップの切り分けをスムーズに行う事ができるようになり、アドミニストレータの作業を少しでも軽減できるようなバックアップシステム。

 

エージェントレス・データバックアップは何か。なぜゲームチェンジャーなのか。

こちらのブログをご覧下さい

ブログ


追加資料

Technical Overview

Agent-less Technology