クラウドからクラウドへ バックアップ&リカバリ

最近では、クラウドでのSaaSやPaaSがユーザを獲得しています。 ユーザとしては、サーバを構築、運営していかなくていいメリットがありますが、実際のところ、データのバックアップはどうなっているのだろうとおもいませんか? 電子メールはいまでは業務に必要不可欠。 でも、データの安全性はどのように確保しているかを調べると不安要素があります。 
データプロテクションを使えば、GoogleAppやMicrosoft Office365などのデータもバックアップが可能です。

自分のデータは自分で守る

以前、日本でもとあるクラウド事業者でバックアップが完全にとられておらず、データの損失が出たのは最近のこと。 Amazon やGoogle、Microsoft などといったプロバイダは大きいから安心だろうというのは間違えかも? 自分のデータは自分で守る必要があります。 そこで、データプロテクションでクラウドのデータもバックアップ。 災害だけではなく、やめてしまった従業員のデータを保管しておき、必要な時に必要なデータだけをリカバリできます。

Office 365のバックアップ&リカバリ

必要な時にデータをリカバリ

データシート

データプロテクションがご支援します

自社データは自社でコントロールすることはとても重要な課題です。 クラウドプロバイダーに預けているデータに自己管理はどのように行えばいいのか? データプロテクション を使えばデータの管理が簡単になります。

♦エージェントレスでクラウドからバックアップ。 それぞれのクラウドプロバイダーのAPIを使って、データプロテクションでデータを保護

♦バックアップの頻度や項目を簡単に設定。 コンプライアンスに必要なデータを保管できます。

♦すべてのユーザ? 特定のゆーざ? 簡単な設定で数ユーザから数千ユーザのデータを保護できます。

♦データ保管は安全に。 データプロテクションをお使いいただくと、データを安全に保管できます。 暗号されたデータを最新のデータセンタで保管します。

♦クラウドデータでもRTOやRPOは必要です。 監査等ですぐにデータが必要な場合でも、すぐにリカバリができます。 

♦古いプロバイダーのデータもそのまま保管。 電子メール等はプロバイダーからのフォーマットで保管できるので、安心してリカバリができます。 また、プロバイダーを変えても、保管するフォーマットは自由に選べて、プロバイダーに依存しない形でリカバリもできます。

 

デモンストレーション・ビデオ