ブルーシフトのデータセンター

データセンターにもさまざまなサービスを提供している会社があります。ブルーシフトではたくさんのデータセンターから、安全を重視したデータセンターを起用しています。 場所、電力、建物等はもちろん、セキュリティにも長けている金融系が多いデータセンターを使用しています。 

国際基準のインフラ

現在使用している東京、大阪、沖縄のデータセンターは国際基準の最高値をみたしたデータセンターを起用して、安心してデータ保護をしていただけます。

Shiohama IDC

我々の強み

♦ 24時間X365日多言語サポート
♦ 環境への配慮、電力の冗長化等を実現
♦ キャリアニュートラル
♦ 高速回線常備
♦ 物理セキュリティの強化

ポイントツーポイントの専用回線

ブルーシフト データ プロテクションは、ITインフラにプライベートクラウド並の接続性を必要としているお客様向けに、ポイントツーポイントの専用回線を提供しています。高速の光ファイバー回線を使い、安全で高速かつスケーラブルな接続性を提供し、日本およびアジア太平洋地域のお客様の多様なニーズにお応えします。

これをデータバックアップおよび災害復旧(DR)サービスと組み合わせて考えたとき、パブリッククラウドとプライベートクラウドの間の比較に接続性という項目が加わり、企業はそれらを考慮した上でメリット・デメリットを判断しなければなりません。メリット・デメリットは、その企業のビジネスや規制の有無などにより変わりますが、金融サービスやヘルスケア、政府機関などの特定の業種では、安全性の高いプライベートクラウドサービスが求められています。ブルーシフトは戦略的パートナーシップを通じ、あらゆる規模の企業および組織に費用対効果の高いポイントツーポイント接続を提供します。

ハウジングとピアリングパートナー

日本国内で地域的に離れた場所に構築された複数のコアデータセンターは、ダイレクトまたは共有のファイバー接続を効果的に提供できるよう戦略的に配置されたTier 1キャリア施設に接続されており、組織の規模に関係ありません。さらに、ロサンゼルスとアムステルダムのデータセンターを使い、グローバルな戦略的ピアリングをサポートします。日本国内および東南アジアにおけるGoogle/Amazon/Microsoftなどの主要なクラウドサービスの複数拠点とのピアリング接続が、さらなるメリットを提供します。

他社ISPが提供している典型的なPONベースのファイバーサービス

通常ISPは1 ギガビットのパッシブ光ファイバーを最大32分割して提供するため、接続はプライベートではなく、利用が集中する時間帯には速度が落ちてしまいます。

ブルーシフトが提供しているサービス

テレコムおよび自社保有ファイバーを使い、分割無しのインターネット接続を提供することで、お客様は常に最高速度で接続することができます。

さらに、お客様と私たちの間にある機器をすべて管理することで、トラブル時の対応を迅速化でき、SLA上のRPO/RTO目標を高く設定することができます。

MC/IMC (メトロコネクト/インターメトロコネクト)

MC (メトロコネクト)

  • ネットワーク内の冗長経路を使った都市圏内でのプライベートL2接続により、ミッションクリティカルなアプリケーション向けの高可用性を実現

  • 10ギガビットまたは1ギガビットでのイーサネットハンドオーバー

  • お客様の要望に合わせたP2P/P2MPブリッジングアーキテクチャ

  • 東京・神奈川・沖縄・青森の各エリアで提供

IMC (インターメトロ コネクト)

  • ネットワーク内の冗長経路を使った都市間のプライベートL2接続により、ミッションクリティカルなアプリケーション向けの高可用性を実現

  • 10ギガビットまたは1ギガビットでのイーサネットハンドオーバー

  • お客様の要望に合わせたP2P/P2MPブリッジングアーキテクチャ

  • 東京・神奈川・沖縄・青森の各エリアで提供

サポート

  • すべてのお客様にプロアクティブな24時間365日の監視と2カ国語でのサポートを提供

追加資料

データセンター設備

東京データセンター