多種多様なプラットフォームに対応

企業のITインフラを見てみると、こちらではWindows、あちらではLinuxや仮想マシンといった多種多様のOSやプラットフォームが稼働しています。 どのようにバックアップをするか、どこにデータを保管するか、またどのようにしてリカバリをするか等課題がたくさんです。

データ・プロテクションを使えば、管理者はバックアップのスケジュールを考えてバックアップを行うだけです。 Windows はもちろん、LinuxやOSX、VMwareやXen等を一か所からバックアップ&リカバリに必要な機能を提供します。

 

オラクルのエージェントレスバックアップ例

オラクルのクラウドバックアップとリストア

技術詳細

Linux-vs_-Windows-777x437

すべてのデバイスをバックアップ

サーバが一番大事だと思いがち。 確かに、多くのデータはサーバに存在します。 でも、モバイルデバイスやPCにも重要なデータは存在します。 それらを一か所から管理し、バックアップをしていくことで、データ保護のコンプライアンスが実現します。 新しいデバイスを導入する場合もエージェントはインストールせず、バックアップが出きます。

 

 

試してください!

そんな事言ってるけど、ほんと? そう思われるのはいつものことです。 一度使ってみてください。 ブルーシフト・データ・プロテクションは導入が簡単なので、試用していただくのもすぐにできます。 IT資産に変更を加えず、すぐにバックアップやリカバリが検証できますので、ぜひ試してください。

POC

 

大量のデータ? 大丈夫です。

これまでは、遠隔にバックアップデータを保管するというと数百ギガバイトくらいかなと思われがちでしたが、すでにお使いのお客様では数テラバイトから数十テラバイトのデータを保管しています。 ローカル保管もできるので、一番重要なデータは近くに保管することもできるので、RPOやRTOが短いサーバにも対応できます。

MS SQLのエージェントレスバックアップ例

一番必要な時のデータベースを復旧

技術詳細